NHK もしドラ 感想

NHKもしドラのアニメをやっていますね。ちらっとみた感想を書くと、原作小説を読んだからか、どこかしらに物足りなさのようなものを感じました。

盗塁が得意な選手が出塁して大きくリードを取る際に、スタンドで応援している人たちが「1、2、3・・・・」と一斉に言う場面は私には印象の強いシーンなのですが、それもアニメでは迫力がなかったかな。
(教育的配慮でしょうか)

でも、本を読むのが苦手な人が「もしドラ」やドラッカーの教えの内容に触れるキッカケになるかも知れませんし、番組を放送することに意味がないとは思いません。

映画版「もしドラ」は2011年6月4日公開のようですね。
こちらはどんな感じの仕上がりとなっているでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください