ネットサービス 同じIDで別アカウント

とあるネット上のサービスで、サポートとメールでやり取りをしていたのですが、話がどうも噛み合わない感じ・・・

何往復かしてわかったのですが、どうやらそのサービスでは、同じIDでも、パスワードやメルアドが異なると別アカウントとして登録ができる(できた)仕様のよう。

例えば、
ID:aredesuna pass:sonndene アドレス:sonnde@sonnde.com
ID:aredesuna pass:sounano アドレス: sounano@souna.no
で、2つの登録ができてしまっていたのでした。

今回は自分が同じIDで2つ登録をしてしまっていた(で、そのうちの1つを忘れてしまっていた)ということがわかり、一つのアカウントは削除しました。

しかし、これだとあれですね。

もし別の人が同じIDを偶然にも指定した場合、それでも登録できる(できた)ということになると思います。

そんな、別階層で同時刻にほかの人が動いている的な・・・

パラレルワールドのようなイメージが脳裏に浮かんできましたよ。

しかし、パスワード変更で、すでに使われているものと同じものに重なってしまった場合はどうなっているのだろう。
(つまり、IDとパスワードがともに重なってしまうケース。自分のように、同一人物で複数アカウントを作ってしまったような場合ではあり得そう)

「そのパスワードには変更できません」的なメッセージが出るのかな?

コメントは受け付けていません。