小松帯刀邸「御花畑(おはなばたけ)」の場所

幕末に薩長同盟(薩長の密約)が締結された場所。

以前は現同志社大学今出川キャンパス内、二本松薩摩藩邸がその場所と考えられていました。

しかし、その後の研究等により、薩摩藩家老の小松帯刀(こまつ・たてわき)邸で結ばれたという説がいまでは有力になっています。

で、その小松帯刀邸「御花畑(おはなばたけ)」の位置。

上京区一条堀川にあったという説が有力で、「小松帯刀寓居参考地」なる石碑もありました。

(参考)KA144 小松帯刀寓居参考地・近衛家堀川邸跡他

しかし、研究者の方々の尽力により、ここではなく、上京区森之木町だったということが明らかになったようです。

どうやら、このあたりだったみたいですよ。

【参考記事】薩長同盟締結の邸宅、場所を特定 京都の研究家、文書で裏付け

コメントは受け付けていません。