京都市 地図で見ると左京区が右側で、右京区が左側にあるのは何故か

京都市は地図で見ると、
★左京区⇒右側
★右京区⇒左側
に位置しています。

これは何故なのでしょうか。

調べてみると、御所の大極殿が南向きになっており、そこにお座りになる帝(天皇)の視点から
左側⇒左京区
右側⇒右京区
となった説がどうやら有力そうです。

どうして御所の大極殿が南向きになっているかというと、これは唐の時代の「天子は南面し、臣下は北面す」という考えがもとになっている様子。

唐の時代、天子が臣下に対面するときには、陽の方位の南を向いて座ったそうです。

それが日本の都作りの際にも取り入れられた、と。

コメントは受け付けていません。