甲子園 通算本塁打数 1位清原 2位桑田

テレビでやっていて知ったのですが、高校野球の甲子園大会の通算本塁打数史上1位は清原和博選手。

13本ものホームランを打っています。

そして、2位(タイ)はなんと桑田真澄選手。
6本打っています。

調べてみると、あと元木大介選手(大阪・上宮高校)も6本打っているようです。

清原選手のダントツ1位もすごいですが、投手であった桑田選手の2位もすごい。

1年夏
2年春・夏
3年春・夏
と5回出場し、どの大会でも勝ち進んでいった(甲子園での試合数が多い)というのもあるでしょうが、それでもすごいですね。

ちなみに、松井秀樹選手は通算4本のようです。

桑田真澄選手の甲子園での勝敗数は20勝3敗。
1年夏⇒6勝0敗(優勝)
2年春⇒4勝1敗(準優勝)
2年夏⇒5勝1敗(準優勝)
3年春⇒3勝1敗(ベスト4)
3年夏⇒5勝0敗(優勝)

なんですか、これは。
優勝2回・準優勝2回・ベスト4が1回。
最低成績が甲子園ベスト4・・・

このときのPL学園はまさに化け物ですな。

コメントは受け付けていません。